今さら聞けない、今話題の検索エンジンって何?

検索エンジンの比較をしたことはありますか?以前、日本では「goo」「エキサイト」「インフォシーク」「ライコス」「フレッシュアイ」など各社、独自の検索エンジンを持っていました。その後、日本に「Google」が上陸するとその人気に押され、「Yahoo!」のページ検索をはじめ、ほとんどの検索エンジンが「Google」を採用するようになりました。2009年6月にマイクロソフトが次世代の検索エンジン「Bing」を投入。米Yahoo!とマイクロソフトの提携により、米Yahoo!もYSTからBingに変更されることとなりした。しかしYahoo!ジャパンは2010年7月にGoogleを導入を発表し、日米による「ネジレ現象」が起こることになりました。またWEB検索で以前にGoogle陣営からYST陣営に移動した、インフォシークやニフティを含む大手ポータルサイトの動向も気になるところです。     ディレクトリ型 サーチエンジンとは何か? ディレクトリ型(カテゴリ型)サーチエンジンは、登録申請のあったサイトをが手動でデータベースに登録していきます。登録する際に申請者がカテゴリーやキーワード、紹介文などを入力し、担当者が内容の確認を行うため、ユーザーが検索した際にサイトの内容が適切でわかりやすく表示されます。 代表的で最も多く使われて居るサイトは「Yahoo!」や「All About」ですが登録されるには審査があるため、簡単には登録できません。ただ登録されるとYahoo!やGoogleなどのWEB検索のSEOに大きく貢献します。「クロスリスティング」や「Jリスティング」は提携する検索エンジンのほとんどが、カテゴリ検索を縮小してきているため、以前よりメリットは少なくなってきていると思います。その他に「Yomi Serch」などを利用した中小規模のサーチエンジンがたくさんありますが、それ自体はアクセスアップ自体にはあまり期待はできません。ただチリも積もればでSEOには大きな影響力を持っています。   ロボット型(ページ・WEB検索)サーチエンジンとは何か? WEB検索に使われるロボット型サーチエンジンはYahoo!の「YST」と「Google」を使用するグループと独自のエンジンを持つ「msn」や「百度」などがあります。ポイントはユーザーが入力したキーワードに対し、いかに良い品質の検索結果および順位を表示するかということになります。検索結果の向上やSEO防止対策のためにアルゴリズムの変更がよく行われます。   このようなサーチエンジンは今の世の中を大きく動かしています。どのマーケティングも必死になって、トレンドの言葉を探しては、自社の製品を大きく広めようと、サーチエンジンに力を入れています。例えば、ヨーロッパっで非常に流行っているオンラインカジノ会社は、数多くあります。しかしそれを見た人はどのオンラインカジノで遊べばいいかわかりませんよね?そこでサーチエンジンが関係してくるのです。サーチエンジンでは、儲けやすいオンラインカジノ、どのゲームをすれば当たりやすいか、儲けやすいかなどの情報を簡単にサーチできます。ネットカジノに限らず、サーチエンジンはどの会社にとっても関わりの深いものとなっています。

検索エンジンの未来

検索エンジンは常に進化し続けています。Googleがサービスの提供を開始した1998年には、専ら関連性の高いウェブサイトを結果ページに提供することが主な目的でした。しかし、画像やニュース、そして、動画等が検索結果に反映されるようになったこと、更には近年のモバイル端末の爆発的な普及も重なり、地域のコンテンツを盛り込む取り組みも積極的に行われています。今後もこの流れは続くと思われますが、もう一つ注目を集めている分野があります。それは音声検索です。Googleでは既に音声検索サービスを提供しています。また、Google Glass等のウェアラブル端末を用いてAR(拡張現実)を活用した検索も登場するかもしれません。例えば、スーパーで商品のパッケージを見ただけで、消費期限や材料等の情報を検索することが出来る日がやって来るかもしれません。

SEOとは

SEOという用語を聞いたことはありますか?SEOとは、Search Engine Optimizationの略語で、検索エンジンを考慮し、ウェブサイトを構築する手法を指します。しかし、なぜSEOは存在するのでしょうか?SEOは、ウェブサイトを検索エンジンのユーザーに見つけてもらいたいと言うウェブサイトのオーナーの切実な願望に端を発しています。ただ単により多くの人に見てもらいたいと願うオーナーもいれば、広告収益を稼ぐために検索エンジン経由で大勢のビジターを獲得したいと願うオーナーもいます。事実、検索結果ページの1ページ目に表示してもらえるかどうか、そして、上位3位とそれ以下の順位の間には雲泥の差が存在します。そのため、キーワードの利用やリンク構築等の手法を用いるSEOが重視されており、SEO専門の業者も存在するほどです。

米国の検索エンジン

日本の検索エンジン市場はGoogleとYahoo!の2強時代を迎えていますが、インターネットの本場、米国ではどうなのでしょうか?米国では日本よりもさらにGoogleの勢いが強く、続いて、Bing、そして、Yahoo!が続いています。しかし、多様性をどこよりも尊重する米国では、様々な検索エンジンが開発されています。以下に、その一部を挙げていきます。 Google Bing Yahoo! Lycos WebCrawler Excite Ask Jeeves AltaVista LookSmart Overture AllTheWeb Teoma WiseNut 聞いたことがない検索エンジンばかりかもしれませんが、サービスを終了した検索エンジンも含めると、約20もの検索エンジンがシェアを巡ってしのぎを削っているようです。

ニッチの検索エンジン

検索エンジンと言えば、やはりGoogle、Yahoo!、そして、Bingがすぐに思い浮かぶかもしれませんが、ニッチな検索エンジン、つまり、ある分野に限定した検索エンジンも多数存在します。その一部を以下に挙げていきます。 知識 Yahoo!知恵袋 はてなブックマーク NAVERまとめ 画像 Flickr Google画像 Yahoo!画像 動画 YouTube ニコ動画 Dailymotion 金融 Yahoo!ファイナンス 日経

Yahoo!の特徴

日本ではGoogleと人気を分けあうYahoo!ですが、実は検索に利用されるテクノロジーは同じものを利用しています。そのため、表示される検索結果はほとんど同じです。それでは、Yahoo!はGoogleと何が違うのでしょうか?最大の違いは何と言ってもコンテンツです。Googleは、基本的に検索を行うためのサービスですが、Yahoo!は検索の他にも、ニュース、天気、オークション、テレビ番組表、路線等のコンテンツを用意しています。検索を行うためにYahoo!を訪問したものの、ニュースなどの他のコンテンツについ夢中になり、その結果、検索のことを忘れてしまっていた、という経験をされたことがあるのではないでしょうか?そのため、両者の違いを簡単にまとめるなら、検索重視のGoogle、そして、総合力重視のYahoo!と言うことが出来るでしょう。

Googleの特徴

現在、一部の国を除き、世界の検索エンジンをリードしているのは間違いなくGoogleです。なぜGoogleはここまで強いのでしょうか?強さの理由の一部を以下に挙げていきます。 シンプル – 基本的にGoogleのトップページには基本的に”Google”のロゴと検索ボックスしか用意されておらず、非常にシンプルに構成されています。 精度が高い – Googleは非常に賢い検索アリゴリズムを持っており、関連性の高いウェブサイトを選ぶことができます。 常に進化を遂げている – 最近ではGoogleの検索結果には、ウェブサイトへのリンクのみでなく、地図や画像、そして、YouTubeの動画等も掲載されます。 要するにGoogleはYahoo!等、ポータルサイトとして機能するサービスとは異なり、検索エンジンの向上に全力を尽くしているのです。

検索エンジン市場

現在、検索エンジンの市場はどのような状況なのでしょうか?日本ではGoogleにYahoo!が食らいついている状況ですが、世界規模で見てみるとGoogleが圧倒的なシェアを誇っています。また、国によっては、Google、Yahoo!、そして、Bing(Microsoft)に加え、現地の検索エンジンもサービスを提供しています。例えば、中国ではBaidu、ロシアではYandex、そして、韓国ではNaverが健闘しています。また、あまり注目はされていませんが、YouTubeでも多数の検索が行われており、Googleに次いで2番目に検索回数が多いとのデータもあります。ただし、YouTubeはGoogleが運営するサービスであり、全体的に見ると、やはりGoogleが世界の検索エンジン市場を独占していると言えるかもしれません。

検索エンジンとは

そもそも検索エンジンとは一体何なのでしょうか?検索エンジンとは、簡単に言うと、ウェブ上に無数に存在する情報から知りたい情報を抽出するための手段です。例えば、検索エンジンに「ホワイトハウス」と入力し、検索を実行すると、検索エンジンの結果ページには、実際のホワイトハウスのウェブサイトをはじめ、ホワイトハウスに関連するウェブサイトが表示されます。後は、サイトへ向かう青いリンクをクリックするだけです。ウェブサイトを運営する側にとっては、検索エンジンがなければサイトの存在を知ってもらうことは難しく、収益にも大きく影響します。また、最近の検索エンジンにはウェブサイトへ向かうリンクの他に、地図、画像などのアイテムも表示されるため、ますます利便性は高まっています。