今さら聞けない、今話題の検索エンジンって何?

検索エンジンの比較をしたことはありますか?以前、日本では「goo」「エキサイト」「インフォシーク」「ライコス」「フレッシュアイ」など各社、独自の検索エンジンを持っていました。その後、日本に「Google」が上陸するとその人気に押され、「Yahoo!」のページ検索をはじめ、ほとんどの検索エンジンが「Google」を採用するようになりました。2009年6月にマイクロソフトが次世代の検索エンジン「Bing」を投入。米Yahoo!とマイクロソフトの提携により、米Yahoo!もYSTからBingに変更されることとなりした。しかしYahoo!ジャパンは2010年7月にGoogleを導入を発表し、日米による「ネジレ現象」が起こることになりました。またWEB検索で以前にGoogle陣営からYST陣営に移動した、インフォシークやニフティを含む大手ポータルサイトの動向も気になるところです。

 

 

ディレクトリ型 サーチエンジンとは何か?

ディレクトリ型(カテゴリ型)サーチエンジンは、登録申請のあったサイトをが手動でデータベースに登録していきます。登録する際に申請者がカテゴリーやキーワード、紹介文などを入力し、担当者が内容の確認を行うため、ユーザーが検索した際にサイトの内容が適切でわかりやすく表示されます。

代表的で最も多く使われて居るサイトは「Yahoo!」や「All About」ですが登録されるには審査があるため、簡単には登録できません。ただ登録されるとYahoo!やGoogleなどのWEB検索のSEOに大きく貢献します。「クロスリスティング」や「Jリスティング」は提携する検索エンジンのほとんどが、カテゴリ検索を縮小してきているため、以前よりメリットは少なくなってきていると思います。その他に「Yomi Serch」などを利用した中小規模のサーチエンジンがたくさんありますが、それ自体はアクセスアップ自体にはあまり期待はできません。ただチリも積もればでSEOには大きな影響力を持っています。

 

ロボット型(ページ・WEB検索)サーチエンジンとは何か?

WEB検索に使われるロボット型サーチエンジンはYahoo!の「YST」と「Google」を使用するグループと独自のエンジンを持つ「msn」や「百度」などがあります。ポイントはユーザーが入力したキーワードに対し、いかに良い品質の検索結果および順位を表示するかということになります。検索結果の向上やSEO防止対策のためにアルゴリズムの変更がよく行われます。

 

このようなサーチエンジンは今の世の中を大きく動かしています。どのマーケティングも必死になって、トレンドの言葉を探しては、自社の製品を大きく広めようと、サーチエンジンに力を入れています。例えば、ヨーロッパっで非常に流行っているオンラインカジノ会社は、数多くあります。しかしそれを見た人はどのオンラインカジノで遊べばいいかわかりませんよね?そこでサーチエンジンが関係してくるのです。サーチエンジンでは、儲けやすいオンラインカジノ、どのゲームをすれば当たりやすいか、儲けやすいかなどの情報を簡単にサーチできます。ネットカジノに限らず、サーチエンジンはどの会社にとっても関わりの深いものとなっています。